幼稚園クラス

幼稚園クラス

教育方針イメージ
  • Song&Dance
    体を動かしながら英語の音やリズムに馴染みます。シンプルな歌を選び、よく聴いて歌う練習をしながらリスニング力と発話を促します。歌やストーリータイム、基本的な英単語を使って会話練習。イギリスで主流のシンセティック・フォニックスというメソッドを導入し、正しい発音で聴ける&読めるアプローチもしていきます。ワークブック、絵本の暗唱、カードゲームなど。
    ジョリー・フォニックス(シンセティック・フォニックス教材)について
    アルファベットの音すべてにジェスチャーがついており、楽しんで覚えられる工夫がされています。記憶力のみに頼らず、見て聴いて言ってみるという全身を使って学ぶスタイルなので、英語の音になじみのない非ネイティブの子どもたちへの効果が高いメソッドです。簡単なルールに沿って英語を正しい音で読めるようにしていきます。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。ここに方針説明が入ります。
  • Book Time
    お話として楽しい絵本と自分で読めそうな本。内容に合わせてキーフレーズを繰り返したり、先生のオーバーリアクションな読み聞かせを笑いながら楽しんだり。年長さんからはホームワークに絵本を読む練習も入ります。
  • Jolly Phonics
    イギリスで近年主流のメソッド、シンセティック・フォニックスに基づいた教材です。アルファベットすべての音に歌やジェスチャーがつけられ、楽しみながら英語の正しい音と読み方が身に付くため、特に英語非ネイティブの子どもたちに向いています。私は指導者向けオンライン講座を受け、認定を受けました。アルファベットを学ぶ順番も独特で、s.a.t.i.p.nから始まります。これはすぐ単語の読みにつなげられるよう考えられたものです。まずこの5文字がわかればsit,tip,pinなど3文字単語を作ってすぐ読めるようになります 。
  • Games & DVD
    子どもたちは遊びが大好き!同じ言葉や反対語のペアカードを探すカードゲームや、言葉をつなげて並べるドミノ、ボードのイラストや写真と同じ英単語を探すゲームなど、毎回何かします。DVDではフォニックスのお話や欧米で人気のアニメを見たりします。