幼稚園

幼稚園クラス内容

歌やあいさつ、ストーリータイム、
基本的な英単語に
簡単な会話などをしながら、
遊びだけで終わらないよう、
小学生・中学生英語にも
つながるようなカリキュラムを
組んでいます。
とは言え、元気いっぱいな
幼稚園キッズたち。
ゲームやDVDも使用して、
面白くて飽きの来ない
アプローチをしていきます。
さらに、
シンセティック・フォニックスの
メソッドに基づいた
「ジョリーフォニックス」
というイギリスの教材を
取り入れています
(私はジョリーフォニックス
指導者用トレーニングコースを
修了しています)。

シンセティック・フォニックス
って何?

読み書きを教えるメソッドである
フォニックスは、日本の英語教室でも
ある程度定着してきたかと思います。
そのほとんどが
アナリティック・フォニックス
と呼ばれるもので、
それなりの効果はあるのですが、
問題点としてはある程度の
単語や規則を覚えてからでないと
習得が難しく、視覚や記憶力に
頼る所が大きいという点があります。

それに対し、
シンセティック・フォニックスでは、
まず
アルファベットの一音一音から入り、
次にそれらを組み合わせて
(ブレンディング)読んでいきます。
例えれば、
ローマ字で日本語を読むような
感覚に近いです。
ですので単語を知らなくても、
クイズを解くように
推測して読むことが
可能になってきます。

ジョリーフォニックスでは、
アルファベットの音すべてに
ジェスチャーが付いており、
子どもたちが楽しんで
覚えられるような
工夫がされています。
出てくる順番も
単語が作りやすい文字から入るため、
最初にs,a,t,i,p,n,を覚え、
すぐに単語にして読んでいきます
(sat, pit, tap, tip, pinなど)。

リスニングも大変重要視されています。
たとえばsatだったら、
sの音(スー、シューに近い)、
aの音(アに近い)、
tの音(トゥッ、タッという破裂音)
というように、
それぞれのアルファベットの音を
注意して聞き取ります。
そして自分でも
その通りに言ってみます。

このように、
記憶力だけに頼らず様々な方向から
アプローチできるため、
英語になじみの薄い
非ネイティブの子ども達でも、
英語の文字と正しい音を
連動して覚える事が
期待できるメソッド
となっています。

場所&日時

 東山公園(自宅)
千種区清住町
地下鉄東山線 東山公園駅徒歩3分
近隣にコインパーキングあり
※定員あり。
幼児クラスより
持ち上がりの子が優先です。

2018年度
★年少さん 水曜日4:00~4:45
★年中さん 木曜日4:00~4:45
★年長さん 金曜日4:00~4:45



月謝について

★一律5000円
+年間教材費
年少さん500円プリント
年中さん1000円程度ワークブック
年長さん4000円程度CD付き絵本セット